スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大怪我を乗り越えたダコール 重賞初制覇!  ~新潟大賞典(GⅢ)~

2012 ダコール府中S3
写真:2012.4/22  東京競馬場  府中S  ダコール/田辺裕信騎手



長い長い道のりでした。
善戦マンのダコールが新潟大賞典(GⅢ)を快勝し 重賞初制覇となりました!

ダコール
優勝 おめでとうございます!!


ディープの初年度産駒で7歳にして重賞初制覇。
本当に良かった・・・(感涙)

ダコールは当歳の時に 首の骨を折る大怪我をして競走馬になることさえできなかったかもしれない。
それをオーナーさんが「この血統やしなんとか 頑張ってみよう」ということで
オーナーはじめ牧場スタッフ、獣医さん・・・ダコールに携わった沢山の方のサポートと
なにより 当歳の幼いダコールが 頑張ったからこそ デビューを迎えることができました。

2012 ダコール府中S1
写真:2012.4/22  東京競馬場 府中S

ダコールを担当されている河嶋調教助手が
「雨に泣かされているけど逆に言ったら(馬場が柔らかくなって)脚元を助けてくれる部分もあるかも」と
以前インタビューでお話しされていました。

大怪我を乗り越えたダコールが 少しでも長く競走馬として活躍できるよう
神様から与えられた「恵みの雨」だったのかな・・・。
そして 善戦マンとして頑張ってきたダコールに 勝利の女神が微笑んでくれました。

騎乗していた小牧太騎手も好騎乗でした!
少し前が壁になって どうかな・・・と思いましたが進路取り、追い出しのタイミングといい
勝つときは すべて上手くいくものですねぇ~。
小牧は~ん ありがとうーーーっ!!!

ダコール3
写真:2012.2/5 東京競馬場 早春S  ダコール/田辺裕信騎手


ダコールの写真は 数年前のものばかりなので いつかダコールに会いたいな。
以前 ダコールに騎乗していた佐藤哲三(元)騎手が
「東京の2000mで走れるように育てていく」といったようなコメントをされていたことが思い出されます。
おそらく天皇賞・秋(GⅠ)に出走できるくらいの馬に育てたい・・・ということだと。
哲三騎手に ずっと乗ってもらいたかったなぁ。

秋の大舞台に 「ダコール」の名前があることを願いつつ
ダコールの活躍を見守っていきたいです。

ダコール!
よく頑張ったね!  重賞初制覇 本当に おめでとうございます!


いつもポチッと拍手を入れていただき ありがとうございます。
お立ち寄りくださった皆さん ありがとうございます。
とても嬉しく励みになっております

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。