桜の冠 奪還へ

2015 ラベンダーヴァレイ 赤松賞2
写真:2015.11/21  東京競馬場  赤松賞 ラベンダーヴァレイ/戸崎圭太騎手


弥生賞(GⅢ)の前日に阪神競馬場で行われたチューリップ賞(GⅢ)
シンハライト ラベンダーヴァレイ レッドアヴァンセ
ヴィブロス ブランボヌールの5頭が出走しました。

桜花賞(GⅠ)の切符を手にしたのは
シンハライト(1着)と ラベンダーヴァレイ(3着)の2頭。

今年の3歳ディープ娘の中でも期待していたシンハライトの勝利は
最高に嬉しかったです!
仕事で休みが取れず関西へ遠征はできませんでしたが
彼女の勝負根性はテレビの画面からも充分 伝わってきました。

1番人気でシンザン記念(GⅢ)2着の実績馬ジュエラーをぴったりマークし
ゴール前の叩き合いは心臓バクバクでありました。
「シンちゃん!(シンハライトを応援する時は そう叫んでいます(^^ゞ )
シンちゃん!いけぞえ~~~~~~っ!」と
これまた大絶叫応援でした。

並ばれたら抜かせない勝負根性は同厩の先輩であり
同じ父を持つ名牝7冠馬のジェンティルドンナを彷彿させるものがありました。

2012 ジェンティルドンナ 桜花賞
写真:2012.4/8  阪神競馬場  桜花賞(GⅠ) ジェンティルドンナ/岩田康誠騎手
シンハライトの写真がないので同厩の先輩 名牝ジェンティルドンナ 一冠目の桜花賞の写真を・・・。


4月の仁川で昨年のリベンジだ!
シンハライトとコンビを組む池添謙一騎手はシンハライトに惚れ込んでいますし
ビッグレースでは本当に心強いジョッキーです。
シンハライトは小柄なので池添騎手のような追い方は
彼女に負担が少なく走りやすいのかも・・・なんて思っています。




そして赤松賞ではマイナス16kg・・・
410kgという馬体減で惨敗したラベンダーヴァレイが
今回はプラス20kgで出走。
厩舎の努力とラベンダーヴァレイの頑張りに頭が下がる思いです。
よく巻き返して桜の切符を手にしてくれました。

シンハライトもラベンダーヴァレイも活躍のファミリー
本番でも彼女たちの走りを楽しみにしています。


3歳牝馬は まだまだ体調が不安定だったり
調整もご苦労が多いと思いますが良い状態でゲートインできますように・・・。


桜の冠 奪還へ・・・。
5つ目の桜の冠が
ディープ娘の頭上に輝きますように。


今回結果を出せなかった3頭の娘たちのお話は
お時間がありましたら下記の「続きへ」どうぞ。

いつもポチッと拍手を入れていただき
ありがとうございます。
お立ち寄りくださった皆さん ありがとうございます。
とても嬉しく励みになっております




          

チューリップ賞(GⅢ)で残念ながら結果を出すことができなかった
3頭の娘たち・・・。
まずは お疲れさま そして無事にゴールできて良かったです。

レッドアヴァンセ(8着)
マイナス14kgと かなり体が減ってしまっていたので
この結果も仕方がないかなぁ・・・と。
出遅れて最後方から追走。直線に入っても最後方であの位置から
体を減らしながらも よく8着にきたなぁというのが個人的な感想です。
本番まで1ヶ月あるので まずは体を戻してほしいですね・・・。


ヴィブロス(12着)
喉の手術をして休み明けでの出走でした。
なんとか3着にねばれるかな?と思ったのですが・・・。
全姉ヴィルシーナのように春のクラシックから活躍してほしいと願っていましたが
ここは焦らず ヴィブロスの成長する姿を楽しみに待っています。
体も414kgと かなり小柄なお嬢さんなので もう少しふっくらするといいですね。


2012 ヴィルシーナ オークス
写真:2012.5/20  東京競馬場 オークス(GⅠ)
ヴィルシーナ/内田博幸騎手

ヴィブロスもお姉さんのように活躍してほしいです。
がんばれ~! 


14着 ブランボヌール
う~~~っ!残念でした・・・。
勝ち負けは どうかな・・・と思いながらも 14着になるとは・・・。
最後の直線は 内へモタレてしまったように見えました。
しかも 行くところ行くところ壁で ちょっと かわいそうな競馬になっちゃったかな。
まだ3歳の女の子なので精神面も心配です。
今度は気持ちよく走れるといいね。

可愛いディープ娘たちの競走馬生活は まだ始まったばかり・・・。
悔しかったり 嬉しかったりですが
いつでも あたたかい声援を送りながら応援 がんばります!

長くなりましたが 最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: