成長を楽しみに待っています

2016 フラワーC
写真:2016.3/21 中山競馬場  フラワーC(GⅢ)
ラルク/武豊騎手  ヴィブロス/内田博幸騎手



3歳牡馬のステップレースは
ディープ息子たちが勝ちまくっていますね。
阪神競馬場で行われた若葉S(OP)も
アドマイヤダイオウが差し返してのゴール!!!
勝負根性ハンパないですね!鞍上も!(笑)
ゲート再審査という情報もありますが
皐月はパスしてダービーに向かうのか・・・
気になるところです。
ルメール騎手やデムーロ騎手でトライアルをしっかり勝ち取るのは
良いのですが本番は誰?ということに・・・。
今年はジョッキー確保も大変ですねぇ・・・。



さてさて 
3歳ディープ娘ちゃんたちのお話を。
今年の3歳ディープ娘たちは小柄なお嬢さんが多いですね。
現時点ではシンハライトが頼みの綱という感じです。
(彼女も小柄ですが)

フラワーC(GⅢ)に出走したラルク(10着)とヴィブロス(12着)
まずは お疲れさまでしたと労ってあげたいです。

馬体重が発表されて
さすがに厳しいかな・・・と覚悟はしました。

ヴィブロスは中1週で関東への輸送・・・
ただでさえ小柄なヴィブロスがさらに減らして406キロ。
2016 ヴィブロス フラワーC1
写真:2016.3/21 中山競馬場 フラワーC(GⅢ) ヴィブロス


ラルクも前走よりマイナス6キロでの出走。
今回はブリンカーをつけての参戦でしたが・・・。
2016 ラルク フラワーC1
写真:2016.3/21 中山競馬場 フラワーC(GⅢ) ラルク

両馬とも まだまだ これからだと思うので
春は一旦放牧して成長を促したほうが良いのでは・・・
と感じたレースでした。


条件戦から一歩一歩 階段を上って
秋の巻き返しを願っています。

ラキシスやショウナンパンドラも春のトライアルレースは
結果が出ず夏、秋の条件戦から力を出して
ラキシスは3歳でエリザベス女王杯2着 翌年は同レース優勝!
ショウナンパンドラも秋華賞制覇し翌年はジャパンカップ優勝!

春に力は出せなくてもディープ産駒の成長力で
秋に開花する可能性はあると思います。
2016 ラルク フラワーC3
写真:2016.3/21 中山競馬場 フラワーC(GⅢ) ラルク/武豊騎手

まだまだ彼女たちのアスリートとしての生活は
始まったばかりです。
ラルクとヴィブロスの成長を楽しみにしています。

でも やっぱり陣営は・・・
オークス トライアルも使ってくるのでしょうか。

春はシンハライトに決めてもらいましょう~~~!!!
三冠トレーナーに三冠ジョッキーがついているので
心強いですっ!!!


いつもポチッと拍手を入れていただき
ありがとうございます。
お立ち寄りくださった皆さん ありがとうございます。
とても嬉しく励みになっております
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: