仕切り直しの一戦

「きさらぎ賞」は 大好きなレースのひとつ。
まだまだ寒いけど 春のクラシックもちょっと近づいてきたなぁ…と感じるレースです。

若駒Sは かなり舞い上がって ぶっちぎりで勝つ!と妄想していたワールドエースが負けて
競馬は そんなに甘くは無いと痛感させられました

中1週で きさらぎ賞に出走するワールドエース
そして未勝利を勝ち上がったベールドインパクト
京都の外回りに変わって楽しみなヒストリカル
ディープっ仔3頭の走りと いい結果が出ることを願いつつ
冷静に(できるのか?笑)レースの行方を見守りたいと思います

東京新聞杯には フレールジャックとダノンシャークがスタンバイ
フレールジャックは 初の左回り、距離も初めてのマイル戦ですね。
どんなレースになるか楽しみです

今週のディープっ仔は 土曜日13頭・日曜日19頭の全32頭が出走します。
一喜一憂しながらも毎週 本当に楽しみです
ディープとディープっ仔に感謝

まずは 全馬無事にゴールしてね。

      フレールジャック
写真:2011.7/3 中山競馬場 ラジオNIKKEI賞優勝 フレールジャック


最後に…ディープ産駒2頭を残して スリープレスナイトが天国へ旅立ってしまいました。
まだまだ お母さんとして頑張って欲しかったので 本当に残念です。
先月産まれたばかりの小さなディープっ仔のことを思うと 胸が痛いです…。

スペシャルウィークも産まれてすぐに母を亡くしました。
スペシャルウィークのように強い馬に育って欲しいです。
残されたディープっ仔2頭の健やかな成長を祈りつつ
スリープレスナイトのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


いつも拍手ポチッと入れてくださって ありがとうございます!
励みになります
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: